男の子3兄弟の子育て中に得た情報を発信します(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

  1. おさかなファン

魚の剥製(はくせい)の作り方〜さかなクン流やってみた!【自由研究】

先日、「超ギョギョッとサカナ★スター」の2022年12月4日「アイゴ」、2022年12月11日「スズキ」の2回に渡り、さかなクン流の「魚のはくせいの作り方」がやっていました。

長男(小1)がそれを見て、冬休みの自由研究としてはくせいを作りたいと。始めは反対しましたが、一緒にやり方を見たら簡単そうだったので、チャレンジしてもらうことにしました。

<完成したはくせい>

メアジ

1回目:メアジ

真アジ(きれいにできたので色を付けなかった)

2回目:真アジ(きれいにできたので色を付けなかった)

準備・必要なものを買い出し

前半で必要なもの:マアジ(好きな魚)、キッチンバサミ、スプーン、エタノール、手袋

後半で必要なもの:紙粘土、ドライヤー、油性のマジックペン(油性絵具でも可)

🌟前半と後半の間に、2日間あるので、とりいそぎ前半だけの準備でも大丈夫です

前半で必要なもの(軍手は使わなかった)

買ったもの

・魚
スーパーに並んでいるものは、切り身しかありませんでした。店員さんに聞いて、切る前のお魚を譲ってもらいました。メアジで1尾100円。念のため2尾買いました。

・エタノール(アルコール)
ドラッグストアで購入しました。「無水エタノール」と「消毒用エタノール」があり、迷いました。500mlで、約1,000円。テレビを見たら、さかなクンも、「無水エタノール500ml」を使っていたので、同じものを買えて良かったです。

作り方(前半)

STEP1.ハサミで皮を切る

おなかの部分(腹びれの後ろぐらい)に、「総排泄腔そうはいせつこう」というウンチの出る穴があって、そこからハサミを入れて、しっぽに向かって切ります。そのときに、ひれを支えている担鰭骨たんきこつという骨があるのですが、それも一緒に切ります。

STEP2.皮から身をはがす

さっき切ったところに指を入れて、皮を引っ張るような形で、ゆっくりと指を入れて身をはがして取ります。きれいに皮がはげます。このときに少しちぎれても、粘土を入れたときに修復できるので、気にしなくて大丈夫です。

STEP3.背骨を切って身をとる

皮をめくってハサミを入れ、背骨の真ん中と尾びれの部分を切ります。背びれ側の担鰭骨たんきこつをハサミで切ると、身がごっそりと取れます。(この身も食べられます!)

背骨を切っているところ

STEP4.えらをとる

顔の部分をぐーっと開いて、人差し指を入れます。引っ張ってえらをとります。

えらを取る

STEP5.前側の身をとる

腹びれのつけ根あたりまでハサミを入れて、前側の身も、皮とはがして身をとります。背骨と担鰭骨たんきこつも切っ身をとってください。

STEP6.頭の身・目をとる

えらぶたからハサミを入れて、目の付け根を切って、取り除きます。完全に皮だけにします。

STEP7.スプーンで皮をこするようにして残った身をとる

皮を開いて開きのような状態にして、最後に残っている身を、スプーンで優しくなぞるようにこすって取ります。頭側からしっぽ側に向けてなぞります。きれいに身を取り除くことで、保存性が高まるそうです。

<追加情報>
身がうまく取れなかった(カマス)魚によって身の固さが違うようです。アジはきれいに取れましたが、カマスは固くて、このように身が残ってしまいました。
身がたくさん残っていても、アルコールから出したときに生臭い臭いがしたくらいで、後で粘土を入れて乾かしてしまうと、あまり変わりませんでしたが。
保存性に違いがあれば、また追記します。

STEP8.アルコールにつける

エタノールなどアルコールに全身を浸して2日間ほど常温で保管します。余分な脂が取れたり、腐敗防止になるそうです。(アルコールを使用する際は、手袋をはめて、必ず大人とやってほしいとのこと)

エタノールに漬けるときに、1回目は左のように漬けたのですが、上が少し出てしまいました。
そのため、2回目は右のように袋に入れて漬けました。袋に漬けた方がうまくいきました。量も500mlで済みましたしね。(なお、さかなクンは、タッパーでやっていました)

トレイに入れて漬けたバージョン

トレイに入れて漬けたバージョン

袋に入れて漬けたバージョン

袋に入れて漬けたバージョン

<追加情報>
身がうまく取れなかった(カマス)アルコールに漬けるときに、袋より魚の方が大きいと、魚が曲がってしまいます。写真のしっぽの部分が曲がってしまっているのは、そのせいです。

できれば、魚より大きい袋に漬けるのがおすすめです。もし魚より小さい袋だった場合は、取り出して粘土を入れるときに、意識的に形を整えた方が良いかもしれません。

作り方(後半)

 

STEP9.腹部から紙粘土をいれる

魚の皮は濡れている状態のままで始めます。今まで身が入っていた部分に、紙粘土を詰めます。少しやぶれてしまった部分も、このときに修復できます。

STEP10.ドライヤーで全身を乾かす

ここで、ドライヤーで乾かします。乾くことで、皮が固まってきます。

STEP11.紙粘土を目の穴にいれて目を作る。

目の部分には、紙粘土でちょうど良い丸を作って詰めます。

STEP12.油性マジックや油絵具などで好きな色を塗る

好きな色を塗って、世界で1つだけの魚のはくせいを作ります。

完成

完成したメアジのはくせい

2回目に作った、真アジのはく製。きれいにできたので、色をつけない。
カマスのはくせい

3回目:カマス(面倒がって色を付けなかった)

(カマスは身が固くてうまく中身を取り出せなかったみたいです。さらに、体が細いので粘土がはみ出してしまいました。色を付ければごまかせるのですが。)

ほとんど家にあるものでできるので、ぜひやってみてください★ アルコール・エタノールはこちらからも購入できます↓

さかなクンが解説する、詳しいやり方は、こちらからご覧いただけます!↓

 

おさかなファンの最近記事

  1. 小田原の「魚市場食堂」でアナゴ定食~子連れランチ

  2. 魚も充実!恐竜だけじゃない【小田原 生命の星・地球博物館】

  3. 子どもと「かまぼこ・ちくわ作り」体験記 鈴廣かまぼこの里 in小田原

  4. マアナゴを探して横浜南部市場へ「小柴のアナゴ」は梅雨から

  5. サカナスターを見て、お寿司づくりに挑戦!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP