男の子3兄弟の子育て中に得た情報を発信します(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

  1. おさかなファン

マアナゴを探して横浜南部市場へ「小柴のアナゴ」は梅雨から

ギョギョッとサカナ★スター」の「徹底比較! マアナゴとヌタウナギ(前編・後編)」を見た長男(7歳)。「マアナゴの剥製はくせいが作りたい!」と言い出して、マアナゴを探しに行きました。

サカナスターを見て、剥製を作ったエピソードはこちらをご覧ください!↓

 

マアナゴを探して、横浜南部市場に行ってみた

横浜の築地みたいなところ、あるのかな……? と探して、初めて横浜南部市場に行きました。

ブランチ横浜南部市場」というところがあって、その中に、「横浜南部市場」が入っています。

行ったのが、14:00~15:00だったので、横浜南部市場のお魚屋さんは、ほぼ閉まっていたのですが、他にも、スーパーや、電気屋さんの「ノジマ」があったり、クレープ屋さん、たい焼き屋さんもあったりと、思った以上に大きくて、賑わっていました。

ブランチ横浜南部市場

出典:横浜金沢観光協会

横浜南部市場

 

「小柴のアナゴ」 は梅雨から

横浜南部市場の近くに、小柴漁港というところがあって、そこで捕れるマアナゴが、お寿司のネタなどで人気があり「小柴のアナゴ」といわれているらしいです。

横浜南部市場の「神水産」というお魚屋さんがあるので、そこに行きましたら、「小柴のアナゴ」という名前は大きく出ていましたが、今は時期じゃないので、マアナゴは売っていませんでした。

マアナゴが捕れる時期は6~9月、梅雨の時期からたくさん水揚げされるとのこと。
その時期には、マアナゴが店頭にたくさん出ているそうです。

梅雨の時期に、忘れずに来てみようと思いました。

おさかなファンの最近記事

  1. 小田原の「魚市場食堂」でアナゴ定食~子連れランチ

  2. 魚も充実!恐竜だけじゃない【小田原 生命の星・地球博物館】

  3. 子どもと「かまぼこ・ちくわ作り」体験記 鈴廣かまぼこの里 in小田原

  4. マアナゴを探して横浜南部市場へ「小柴のアナゴ」は梅雨から

  5. サカナスターを見て、お寿司づくりに挑戦!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP